日々タス まいにちに、気になる「+」を
>>
食べる
旅する
試す
知る・学ぶ
楽しむ
インタビュー

三宅伸治プロデュースのロックフェス、宮崎・青島にて開催

2015年06月30日

talking01_top

三宅伸治。40代以上で日本のロック史におけるRCサクセション~忌野清志郎の流れに興味がある方なら、この名前はよくご存じだろう。高校2年生の時、故郷宮崎を公演で訪れた仲井戸麗市(当時・古井戸、のちにRCサクセションのメンバー)と文通を始めたことがきっかけで、上京進学後、忌野清志郎の運転手としてRCサクセションに関わる。RCと行動を共にしながらも自身の音楽活動を重ね、1989年、MOJO CLUBと覆面バンドのTIMERS(覆面でだがメインボーカルは忌野清志郎である)でダブルデビュー。以降、さまざまなユニットやバンドにおいて、楽曲の共作者として、共同プロデューサーとして、バンマスとして、生前のボス=清志郎を支え続けた男である。

もちろん三宅の音楽活動はボスとの関係だけで終始するものではない。ギタリスト&シンガーとして、三宅の音楽性は実に幅広い。ブルース、ソウル、R&B、R&R、カントリー、フォーク_…、さまざまなルーツミュージックに根ざしながらも、独自の言い回しで曲に昇華させていくスタイル。音楽性同様に演奏形態も多様で、アコギ一本の弾き語りから大所帯のバンドまで、常に多くのスタイルを行き来しながら活動を続けている。また自身の単独公演だけでなく、超ベテランから新人までの幅広い交友関係を活かしたライブも数多く開催。その中には、忌野清志郎の没後、その誕生日の4月2日に行われる「感謝の日」や、地元の宮崎での「希望と太陽のロックフェス」など、恒例音楽イベントしてファンに定着したものも多い。

talking01_1

今年もそんなイベントの一つ「希望と太陽のロックフェス2015」の開催が近づいてきた。そもそも三宅が、故郷のために音楽で何かをしようと考えたのは2010年のこと。口蹄疫で30万頭もの牛が殺傷処分になり、甚大な被害が出たニュースを聞いて、いてもいられない気持ちに…。さっそく朋友_・石塚英彦とともに「ビーフ・ジャンキーズ」を結成し、宮崎応援ライブを計画する。ところが、2011年の1月に県内の新燃岳が噴火。宮崎は追い打ちをかけられたように災難にみまわれる。そして3月11日には東日本大震災が起き日本全体が沈滞ムードに染まり、ビーフ・ジャンキーズのライブも中止を余儀なくされてしまう。こうしたいきさつを経て、2012年、三宅が満を持して地元の有志たちと立ち上げたのが「希望と太陽のロックフェス」だ。

「いまでこそ郷土愛の強い人間として通っていますが、そもそも中学の入学時に『家出』という曲を書いたりしているわけで、ものごごろついた頃から、家を出たい、自由になりたい、みたいな気持ちが強かったんです。大学受験の目的も、東京に出て好きなミュージシャンのライブをたくさん見ることでしたし、故郷への思い入れはなかったんですけどね…(笑)。その頃の気持ちとはずいぶん変わったんだな、とあらためて思います」

talking01_2

4回目を迎える今年のフェスは会場を都農ワイナリーから青島の「こどものくに」に移し、装いも新たにリスタートする。出演は自身がフロントを務める三宅伸治バンド、Nice Middle with NEW Blue Day Horns(忌野清志郎の生涯最後のバックバンドでもある)をはじめ、石塚英彦、山崎まさよし、中村耕一、大西ユカリ、押尾コータロー、間慎太郎…and moreと超豪華なラインナップ。さらに今回は、母校・宮崎南高校の在校生から「元気がでる言葉」を募り、三宅が歌詞としてまとめて曲をつけフェス当日に発表する、という地元交流型の計画も進行中だ。

「正直、ちょっと不安な気持ちもあります。昨年までは人里離れた山の上の、ある意味プライベートな空間で演奏する安心感みたいなものがあったんだけど、山を下りて海の近くのオープンな空間でやるとどうなるんだろう…みたいな。演奏する側にしか分からない話かもしれませんが、そういうことには敏感なんですよね。ただ、海に隣接した芝生の広場、高いフェニックスの前のステージと、シチュエーションは最高なんです。きっとみんなが元気になれる素晴らしいフェスになると確信しています。」

ただひたすら音楽だけを見つめて上京した日から30余年。ボスのソウルをたっぷり吸収した三宅伸治のソウルが、地元宮崎に舞い戻り華開く。「希望と太陽のロックフェス2015」は9/12に宮崎「こどものくに」にて開催される。

『希望と太陽のロックフェス2015』
◆開催地:宮崎青島「こどものくに」特設ステージ
◆全国ローソンのロッピーで 発売中。
Lコード86862
◆店頭販売:こどものくに 宮崎市青島1丁目1ー1 (TEL) 0985-65-1111、
ウェザーキング 宮崎市橘通り東3丁目1-11
アゲインビルBF(TEL)0985-25-9500

◆チケット料金:前売 6800円 当日 7800円 (税込&こどものくに入園料込)、小学生以下は無料(保護者同伴)。
【出演メンバー】
☆Nice Middle with New Blue Day Horns
三宅伸治v,g 中村きたろうb 厚見玲衣key 江川ゲンタds 梅津和時sax 片山広明sax 渡辺隆雄tp
☆三宅伸治BAND
三宅伸治v,g 高橋”Jr.”知治b 大島賢治ds
☆石塚英彦vo
☆山崎まさよしvo,g
☆中村耕一vo
☆押尾コータローg
☆大西ユカリvo
☆間慎太郎vo,g
….and More
【主催】
希望と太陽のロックフェス実行委員会
【企画】
SOSO
【協力】
MRT JOY FM
【後援】
公益社団法人宮崎市観光協会 こどものくに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




PAGE TOP

KWC NEWS
2017/02/20
小学館「やせるおかず 作りおき」シリーズの公式サイト「やせおか.jp 」がオープンしました。

Works ケイ・ライターズクラブの最新制作実績

全ての実績

制作実績豊富・個性豊かなクリエイターが御社のあらゆる「コンテンツ制作」をお手伝い致します。

お見積のご相談、制作でお困りのことなどありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

KWC(ケイダブリューシー/ケイ・ライターズクラブ)は書籍で、WEBで、コンテンツマーケティングで、
お客様とともにクリエイティブの未来を作る編集プロダクション/総合コンテンツ制作会社です。

〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-16 ISEビル
Tel 03-3226-6361(営業担当:平山)/FAX 03-3226-6362/Mail
グループ会社:株式会社shiftkey

Pmark
© K-Writer's Club Co., Ltd.