日々タス まいにちに、気になる「+」を
>>
食べる
旅する
試す
知る・学ぶ
楽しむ
インタビュー

泣けるものには萌えもある!韓国ドラマ隠れ名作〜「ゆれながら咲く花」

2015年06月30日

泣けるものには萌えもある!韓国ドラマ隠れ名作〜「ゆれながら咲く花」

男と男の友情って、なんなんでしょう。

刑事ドラマに見るコンビ愛も、スポーツものにおけるチーム愛も、アイドルグループのわきゃわきゃも、女子が入るスキもないほどで。彼らの相手に対する絶対的信頼や尊敬の念は、下手な恋愛ドラマの色恋騒動より、よほど胸を打ち、キュンとさせられます。

えぇ、女子は弱いんです萌えるんです、男の友情。

さて。

そんな話をしたいわけじゃあ、ありません(そんな話もありますが)。

「ゆれながら咲く花」です。

タイトルだけではどんなジャンルのドラマか想像もできませんが、実はオリジナルタイトルは、「学校2013」です。韓国の人気学園シリーズの2013年版。日本でいう「金八」シリーズのもう少し生徒寄り、もう少し教師若い版、もう少し“少年と少年の複雑な友情萌え(NOT同性愛)”版(2013年版に限る)です。

主人公は、スンリ高校2年2組の委員長コ・ナムスン(演イ・ジョンソク)。少年の友情萌えの片割れです。

ナムスンくん、無口で人と交わることを嫌う一匹狼ですが、いじめられっこを何かとかばうなど、人の気持ちに敏感で心優しい子です。実は、中卒検定を受けて高校進学した留年組(成績は下から数えた方が早いレベル)で、ある過去の出来事を隠し、苦しみ続けているという陰ありキャラ。なんて少女漫画チック!キャラ設定から惹かれる要素が満載です(しかも色白長身イケメンです)。

そんな彼の前に、謎多き転校生パク・フンス(演キム・ウビン)が現れることから物語は始まります。先に言ってしまえば、彼こそが少年の友情萌えの、もう片割れです。

中学時代は伝説の番長だったという噂のあるフンス。過去に夢と友情を失い、笑うことを辞めてしまった、これまた陰ありキャラ。一見こわそうな顔立ちですが…実はね実はね…という展開で、知らぬ間に心惹かれてしまうキャラでもあります。

20_01

ネタバレになるので、詳しくは言えませんが、このナムスンとフンスの過去に何があったのか、彼らがその過去をどう乗り越えていくのか、というのが、このドラマの1つの核となっていきます。それが、とても泣けて、とても萌えるのです。あぁ友情っていいなぁ。

大切な存在であればあるほど、その人がいつか自分のもとを離れていってしまうのではないかという恐怖も同時に持ってしまうもの。その不安やら何やらで、互いに素直になれずに傷つけ合ったり、ぶつかり合ったりしてしまいます。それは恋人でも、友人でも、同じなのだと、2人を見ていると痛感させられます。「好き」という感情は複雑なのです。

この2人だけではありません。もう1組の主人公、2年2組の共同担任、インジェとセチャンという若き教師コンビ(こちらは男女)の奮闘や葛藤、生徒への思いにも胸を打たれます。

いじめやお受験など、学園もの定番のネタもありますが、そういったものを乗り越えさせてくれるのが、また「友情」だったりするのです。いいなぁ友情。

そう。韓国ドラマだからといって、ドロドロや宮廷陰謀劇ばかりではありません。学園ものもあれば、職業ドラマもあり、ゆれながら生きる人間の繊細な感情を映し出したドラマもたくさんあるのです。それは日本やアメリカドラマとそう変わりません。その国の文化や社会事情が映し出されてはいますが、お国変われど、恋する気持ちや友情や親子の思いなど、人の心のありようなんて、そうそうに変わるものではないのです。

ドラマとは、どんなジャンルであろうとも、究極のところ、人間ドラマなのです。

というわけで、「ゆれながら咲く花」です。

これは、劇中インジェが生徒たちに聞かせる詩のタイトルです。その詩に綴られた言葉は、まさにナムスンやフンス、すべての生徒、教師たちの姿を表したもので、私たちすべてに通じるもの。この詩が語られるシーンでは、思わず声をあげて泣いたほどでした。

「ゆれずに咲く花がどこにあろうか。

この世のどの美しい花も皆、ゆれずに咲くのだから。

ゆれながら茎をまっすぐに伸ばすのだから。

ゆれない愛がどこにあろうか。

ぬれずに咲く花がどこにあろうか。

この世のどのまばゆい花も皆、ぬれにぬれて咲くのだから。

雨風にさらされながら、花びらを温かく広げるのだから。

ぬれずに歩む人生がどこにあろうか」(詩:ト・ジョンファン)

誰もが皆、ゆれながら(迷いながら)、ぬれながら(泣きながら)、花開く(成長する)。
10代の少年少女たちだけでなく。おそらく誰もが、いくつになっても、ゆれながら、ぬれながら、花を咲かせていく。
ベテラン教師が若い衆にかける言葉や、ナムスンとフンスのやり取りの中にも素敵な言葉がたくさんあります。少しでも気になった方は、ぜひ10話だけでも見てみてほしいなぁと。少女漫画系イケメンもおりますから!(そこ?)

20_02
「ゆれながら咲く花」
全16話/出演:チャン・ナラ、チェ・ダニエル、イ・ジョンソク、キム・ウビン
DVD BOX1&2 発売・レンタル中 
発売元:エスピーオー、テレビ東京メディアネット 販売元:エスピーオー
KBS Media Ltd., ©2013 School SPC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP

KWC NEWS
2017/07/03
編集スタッフの仲間を募集します!

Works ケイ・ライターズクラブの最新制作実績

全ての実績

制作実績豊富・個性豊かなクリエイターが御社のあらゆる「コンテンツ制作」をお手伝い致します。

お見積のご相談、制作でお困りのことなどありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

KWC(ケイダブリューシー/ケイ・ライターズクラブ)は書籍で、WEBで、コンテンツマーケティングで、
お客様とともにクリエイティブの未来を作る編集プロダクション/総合コンテンツ制作会社です。

〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-16 ISEビル
Tel 03-3226-6361(営業担当:平山)/FAX 03-3226-6362/Mail
グループ会社:株式会社shiftkey

Pmark
© K-Writer's Club Co., Ltd.