日々タス まいにちに、気になる「+」を
>>
食べる
旅する
試す
知る・学ぶ
楽しむ
インタビュー

社内アンケート結果公開☆会社案内には載せないKWCプロフィール

2015年07月01日

ちょっとKWCに興味を持ってくださった方に、もっとKWCを知っていただくための、会社案内スピンオフ企画。社員にあれこれアンケートした結果を「会社案内には載せないプロフィール」としてご紹介します!

<1:戦隊編>

●もしもKWCが戦隊ヒーローだったら…

まずは「あなたを戦隊モノに例えるなら何色?」と聞いてみた結果から↓

95_top

制作戦隊KWCには、なぜか寒色系が多いようです。「カレーが好きだから」とイエローを選んだ人もちらほらと。「この結果は集団としてどうなのか?」と気になったので、適性診断や心理診断の制作を数多く手がける赤木麻里さんに分析をお願いしてみました。

<総評>
色彩心理学の観点からいえば、ブルーやグリーンが多いのは納得がいきます。レッドやピンクばかりでは、業種柄、破綻してしまうでしょう(笑)。集団としては、冷静さや思考力も備え、すみやかに物事を進める力が大きいと考えられます。キャラという観点から見ると、コミュニケーションを円滑に進めるのが得意なイエローがやや多めなのがおもしろいですね。オリジナルの色を選ぶ人も何人かいて、自由な社風が垣間見えます。
・1位:ブルー・・・8人
冷静沈着で論理派。真面目で責任感があります。物事を分析するのが好きで、多少理屈っぽいところもあるかもしれません。冒険はなかなかできませんが、何事においてもそつなく的確な行動をします。
・同率1位:グリーン・・・8人
穏やかで安定した性格で、人への気遣いを忘れないタイプです。派手な行動や目立つことはあまり好きではないのですが、縁の下の力持ちになると実力を発揮します。聞き上手で、相談役としても頼られます。
・3位:イエロー・・・6人
コミュニケーション能力に優れたムードメーカー。人を惹きつける、太陽のような魅力にあふれた人です。若干、気分で行動してうっかりミスをするところもありますが、それが許されるお得なキャラでもあります。
・4位:ブラック・・・5人
自分をしっかり持っている人です。秘密主義で余分なことは言わない、などと自制心があります。自分の世界を大切にしており、そこに踏み込まれるのは嫌がる傾向があります。
・5位:レッド・・・3人
頭で考える前に、体が動くタイプです。行動派で、常に意欲的に何かに取り組んでいます。少々カッとしやすいところはありますが、それも熱意ゆえのことでしょう。
・同率5位:ピンク・・・3人
優しさや愛情に価値基準の多くを置いているタイプです。自分の時間や労力を犠牲にしても、他の人のために尽くそうとする一生懸命さがあります。
<そのほかは・・・>
・ホワイト
自分の理想を貫く人です。自分は自分、他人は他人というスタンスを持っていますが、決して壁を作りません。どんな人とも、絶妙な距離感で付き合えるスマートな人と言えるでしょう。
・オレンジ
常にポジティブで、元気の塊のような人です。明るく華やかなオーラを放ち、周囲にも明るさを伝染させるでしょう。実は気遣い上手で、元気のない人をさりげなく励ますのが上手です。
・ネイビー
規則や目標、行動指針といったものに対して、非常に真摯に取り組む人です。自分に厳しいがゆえに少しストレスもためやすいのですが、努力している自分を誇りに思うことが多いようです。
・グレー
優しさや愛情に価値基準の多くを置いているタイプです。自分の時間や労力を犠牲にしても、他の人のために尽くそうとする一生懸命さがあります。

選ぶ色にも個性が出ていますね。制作戦隊KWC、なかなか戦闘力が高そうです。

<2:データ編>

次は、個人プロフィールの集計データを見ていきましょう。

●出身地で一番多いのは東京都。2位は?

95_01

KWCスタッフの出身地は北海道から九州まで散在しています。
その中で最多は、東京都で14名。そして2位は……

埼玉県が9名も!3位の千葉県3名、近隣の神奈川1名を大きく引き離し、なぜか不自然に多い埼玉。確かに『まっぷる浦和レッズ』も埼玉出身者を中心に盛り上がって制作していましたし、埼玉は層が厚く、想いは熱く、夏は暑いようです。

●学生時代の専攻、文学や編集関連は少数派

学生時代の専攻を聞いたところ、編集職に近い「文学」「ジャーナリズム」「編集」等を学んでいた人はわずか9名。映画、映像、写真、放送、3DCGなど、クリエイティブ系が同数の9名いました。

その他には、法律学、心理学、経営学、史学、地理学、社会学、政治思想、東洋文化、スペイン文化などなど。
意外なところでは、物理、数学、建築、画像工学とゴリゴリの理系もいます。

●異業種からの転職が半数

入社経緯を見ると、同業種からの転職が12名、異業種からの転職が22名、新卒6名でした。(なぜか「不明」が3名)

異業種経験者の職歴を見ると、某大手証券会社営業、某有名医療機器メーカー営業、某強力殺虫剤メーカー営業、警備員、バーの店長、海外旅行添乗員、予備校事務、テレビ番組AD、CM制作、アニメ制作、ワーキングホリデー、CDショップアルバイトなど、バラエティに富んでいます。

元証券マンが金融商品パンフレットを作り、元バーの店長がウィスキーの情報誌を仕切り、元アニメ制作者がアニメ関連コンテンツを企画するなど、前職の経験もおおいに役立っていますね。

●社員の「ちょっと自慢できること」

社員同士でも知らないことがある、過去の受賞歴やスゴイ趣味。謙虚な社員達に、敢えて「ちょっと自慢できることを教えて!」と聞いてみました。

■文化系の活動
・高校のとき、NHK杯全国高校放送コンテスト朗読部門で準優勝。出場者数は全国で3600名くらい
・高校の音楽部(合唱)で全国大会に出場し、金賞受賞(=全国5位)
・公文式で国語進度日本一になったことがあります
・学生時代に囲碁の団体戦で小野梓賞。私は万年補欠で一度も打ちませんでしたが(笑)
・バンドのイベントで大泉洋と同じステージに立ったことがある。声がデカかった
■体育系の活動
・中学の軟式テニス部で県ランキング4位
・高校の空手道部で関東大会出場。ただし、スランプに陥って補欠での出場。市の大会では準優勝
・伊勢神宮の舞台で居合の演舞をしたことがあります(部活動の一環ですが)
・40人以上が所属するスポーツサークルを運営。10年間以上、毎週休みなく活動を続けている
・剣道を15年、フランス語を8年、乗馬を4年ほど学んだ(どれも身についていない)
・所属していた草野球チームが、函館で開催された東日本大会に出場(ポジションはベンチで応援)
・Jリーグの試合でピッチに立ったことがある。ボール拾いのアルバイトとして
■クリエイティブ系の活動
・小学校の創意工夫展で横須賀市長賞、神奈川県優良賞(傾斜測定器)
・小学生のとき、コロコロコミックの「つるピカハゲ丸」の4コママンガを描いて何かの賞をいただきました
・中学生のとき、学展という美術の展覧会で入賞
・高校時代に制作した現代美術作品が台湾で展示された
・大学の卒論で学長賞受賞、『キネマ旬報』への投稿映画評が掲載
・ショートフィルムのコンペティションで受賞
・練馬カンヌ映画祭という練馬の小さな小さな映画祭で審査員特別賞をもらった
・写真専門学校にて、賞をもらったとことがあります。パークハイアットに展示されていました。被写体はパークハイアットの柱です
・昔運営していた個人サイトがYahoo!のディレクトリに登録されて、ニュースでも紹介された
■マニア・コレクション
・映画を3000本以上見ている
・ROCKレコード(英米初盤を中心に)1000枚以上収集
・フジロックに通い続けて今年で16年目
・BL(ボーイズラブ)研究関連本を集めていて、メジャーどころはそこそこ押さえていると思います
・読破した電子書籍(小説・ビジネス書)が250冊超えた
・CRAFT HOLICというキャラクターのグッズを大量に持っている
・実際に着ることができる黒糸縅当世具足を持っています
■旅行
・2016年末までに、全国47都道府県に旅行するのが目標。現在残り3県です
・原チャリで東京から鳥取まで行ったことがあります
・日本橋から三条大橋まで、自転車で旅した
・1999年、2002年にロンドンにてバンド演奏
■そのほか
・バイクで高速道路を走っているときにパンクしたけど死ななかった
・狙った時間に起床できる自動起床機能
・カナダ人から「お前ほどビールをよく飲む女には会ったことがない!」と言われた
・近所のおばさんたちから人気がある。なぜか知らないけど
・いとこがリップス○イム

本格的にすごいものから、なんとなくすごそうなものまで集まりましたが、ここでピックアップしたのはごく一部。全部ご紹介できないのが残念です…(><)

<3:占い編>

最後は占い編。
血液型と星座の分布にも気になる偏りが。やはり「この結果は集団としてどうなのか?」と気になったので、占い師の真木あかりさんに聞いてみました。

●血液型で最も多いのはO型!

95_03

■1位:O型・・・16人
日本人ではA型が最も多いのですが、KWCはO型が目立って多いですね。O型は独立心が旺盛で大胆、目標達成意欲も強いタイプ。「売れる本を作るぞ!」とか、「校了日には何としても間に合わせるぞ!」という困難な目標を目指している時に最もキラキラできる人ですから、ハードな現場向きと言えるでしょう。
■2位:A型・・・13人
組織の中で実力を発揮するタイプで、O型のようにドッカンドッカンいくわけではありませんが、実務能力の高さは人一倍。コツコツと仕事を進めて着実に目標をクリアしていきます。
■3位:B型・・・9人
クリエイター気質。企画で独創的な意見を出してくれるタイプです。マニアックなところもあるので、変わった本を作ったたりするかもしれません。ただ、いかんせん気分にムラがあり、好きなことはとことん熱中するのですが、嫌いなことは一切やらない困ったところもあります。
■4位:AB型・・・5人
論理的でクール。ちょっと皮肉屋なところもあるのですが、とても頭が良く、コミュニケーションにおいてもスマートです。守備範囲の広い人で、さまざまなジャンルに深い知識を見せることが多いでしょう。

●星座で最も多いのはおとめ座!

95_04

上位3位(5つの星座)までで6割強の人数を占めていますね。全体の雰囲気に影響する多数派5つについて解説しましょう。
■1位:おとめ座・・・7人
おとめ座が1位なのは「なるほど」と思いました。おとめ座の人はちょっと神経質で、何事もきちんと進めないと気が済まないところがあります。校正漏れもありませんし、進行管理もキチッとしていて「あの人はサイボーグ?」と疑われるほど。他人にも自分にも厳しいのです。間違いを出してはいけない職業柄、適性がある方が多いでしょう。その一方でロマンチックなところもあるので、企画なども向いていそうです。
■2位:おひつじ座・・・6人
熱血漢で、いくぞとなったら真っ先に突っ込んでいくタイプ。ハードルが高ければ高いほど、忙しければ忙しいほどテンションが上がります。リーダーシップがあって仕切り屋なので、作家さんやライターさんのお尻をバンバン叩きまくってその気にさせるのが巧いでしょう。何事も力技でキメるので、厳しい案件も期日に間に合わせますが、過労でダウンしがちなので気をつけてくださいね。
■3位:いて座・・・5人
好奇心旺盛な自由人。周囲が思いつかないような、奇想天外なアイデアを出します。おまけに妙に楽観的で、何の根拠もないのに「とりあえずやってみようよ!」と勝負を仕掛け、難しいことを成し遂げてしまったりします。会議にいて座がいると大抵話が脱線しまくってしまうのですが、思わぬアイデアで活性化することも。勢いはあるのですがいろいろとザツな点は要注意です。
■同率3位:さそり座・・・5人
不思議な情熱を持っている人。やる気になるまでが長いのですが、一旦「本当のやる気」を出したら執念深さは人一倍。納得がいくまで諦めません。また、精神的にタフで、謎の度胸があるのも強いですね。例えば1位のおとめ座だったら「もうダメかも」と悲観する状況であっても「やるしかないじゃん」クールに言い放ったりします。(おひつじ座はそんなとき「かえって燃えるぜ!」、いて座は「まあなんとかなるでしょ」言います)
■同率3位:しし座・・・5人
「王様」にも例えられる星座。自信家で、意識的にせよ無意識的にせよ、常に「自分が一番」という発想です。基本的に努力家で意思が強く、多少の困難には絶対に負けない強さがあります。意に沿わないことは受け入れないので部下に持つと大変ですが、自分の中で納得がいけばやる気を出して頑張ってくれます。この行動パターンのせいで、若いうちは「生意気だ」「頑固だ」と言われることもありますが、不思議とかわいがられたりもします。
<総評>
O型やおひつじ座が多いKWCは、ハードな仕事もアグレッシブに進める力を持っています。実務面はA型やおとめ座、発想力はB型やいて座が中心となって担うでしょう。AB型の深い知識、さそり座の度胸、しし座の根気強さも心強いですね。
このようなスタッフ構成のKWCは、個人個人の仕事もさることながら、チーム仕事でもハイレベルなパフォーマンスが期待できると思われます。

真木さんにうれしい言葉をいただいたところで、今回はここまでといたしましょう。
長くなりましたが、KWCの雰囲気を少しでもお伝えできたでしょうか?

他にも「KWCが動物園だったら」「歴史絵巻にしたら」「ボケ・ツッコミ比率」「精神的なサド・マゾ比率」などのデータも集めましたので、また機会があれば公開したいと思います。

そして、「ウチも真面目なだけではない会社紹介を作ってみたいな」と思ってくださった方、ぜひご相談ください。御社の魅力や社風を伝える制作物を、企画からお手伝いさせていただきます。(もちろん真面目な会社案内もお任せください!)

それでは、今後ともKWCをどうぞよろしくお願いいたします!

協力:赤木麻里事務所 http://makiakari.petit.cc
戦隊イラスト:なとみみわ http://ameblo.jp/akkerakan/

(text:経営企画室D)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP

KWC NEWS
2017/07/03
編集スタッフの仲間を募集します!

Works ケイ・ライターズクラブの最新制作実績

全ての実績

制作実績豊富・個性豊かなクリエイターが御社のあらゆる「コンテンツ制作」をお手伝い致します。

お見積のご相談、制作でお困りのことなどありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

KWC(ケイダブリューシー/ケイ・ライターズクラブ)は書籍で、WEBで、コンテンツマーケティングで、
お客様とともにクリエイティブの未来を作る編集プロダクション/総合コンテンツ制作会社です。

〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-16 ISEビル
Tel 03-3226-6361(営業担当:平山)/FAX 03-3226-6362/Mail
グループ会社:株式会社shiftkey

Pmark
© K-Writer's Club Co., Ltd.